どろあわわの使用頻度は、どれくらいが一番効果が高いの?
せっかくどろあわわを使うなら一番効果が高い使い方をしたいですよね。
でも実は、どろあわわの効果が一番高い使用頻度は、肌質によっても違ってきます。
そこで今回は、
・どろあわわの基本となる使用頻度
・脂性肌の人におすすめのどろあわわの使用頻度
・乾燥肌の人におすすめのどろあわわの使用頻度
・どろあわわの開封後の使用期限
などについて詳しくご説明します。

1.どろあわわの効果が一番高い使用頻度は1日1回が基本!

どろあわわは「1日1回」使うだけで、乾燥、くすみ、ハリ不足などの肌悩みをまとめて解消することができる洗顔石鹸です。
基本は1日1回ですが、生理前の皮脂の分泌量が増えるタイミングなど、体調や肌質に合わせて使用回数を変えて使うこともできます。

1-1.どろあわわは1日1回夜の使用が最も効果的

どろあわわの使用回数は、1日1回、夜の洗顔に使うのが最もおすすめです。
夜のお肌は、紫外線によって酸化した皮脂汚れや空気中のほこりや花粉などの汚れが混ざり合ったものが、蓄積された状態です。
汚れをそのままにしておくと、角質が固くなってしまう「角質肥厚」が起こり、肌のターンオーバーが乱れてしまいます。
肌のターンオーバーが乱れると、乾燥やニキビ、シミ、シワなどの様々な肌トラブルが起きてしまうため注意が必要です。
これらの肌トラブルを防ぐためにも、その日の汚れはその日のうちに、どろあわわでスッキリ洗い流しておきましょう。

1-2.どろあわわは1本で約30回1ヶ月分を想定

どろあわわは1本で約30回分使うことができますから、1日1回使った場合1ヶ月分になります。
つまり、どろあわわは一般的な肌質なら、1日1回で十分効果を実感できるものになっているということです。
ただし、1回あたりの使用量が少ないと、泡がうまく作れずに、指で肌を擦って逆効果になってしまいます。
どろあわわの効果を実感するためには、洗顔の回数を増やすよりも、どろあわわを1回2㎝以上を使って、しっかり泡立ててから洗顔をすることが大切です。

1-3.皮脂の分泌が増える生理前だけ1日2回使うのもおすすめ

生理前になるとニキビができてしまう人は、生理の10日前ぐらいから1日2回朝と夜にどろあわわで洗顔をして、毛穴に皮脂が溜まりにくい環境を作りましょう。
生理前になるとニキビができやすくなるのは、黄体ホルモンの分泌により、皮脂の分泌量が増えるからです。
黄体ホルモンの分泌量は、生理の約1週間前に急激に増加します。
皮脂の分泌量が増える少し前のタイミングで、朝の洗顔にどろあわわを使うようにするとより効果的です。

2.脂性肌の人は1日2回朝と夜に使うのがおすすめ

脂性肌は、常に皮脂に肌が覆われているために、ほこりなどの汚れがくっつきやすく、ニキビや毛穴の黒ずみができやすいという特徴があります。
そこで、肌トラブルを防ぐためにも、脂性肌の人は1日2回、朝と夜にどろあわわを使ってしっかり皮脂を落としてあげましょう。
ただし、脂っぽいからといって1日3回以上洗顔するなど、必要以上に洗いすぎると、余計に皮脂が分泌されてしまうため注意が必要です。
洗顔をする時は、特に脂っぽい鼻やおでこから洗うと、顔全体の油分の量をうまく調整することができます。

3.乾燥しがちな肌質の人は2日に1回のスペシャルケアに使うと効果的

次に、乾燥肌の人におすすめのどろあわわの使い方をご紹介します。

3-1.乾燥しがちな肌には2日に1回のスペシャルケアがおすすめ!

どろあわわを1日1回使ってみて、どうしても乾燥が気になるという人は、2日~3日に1回のスペシャルケアとして使いましょう。
乾燥肌だからと皮脂が落ちにくい洗顔料ばかりを使っていると、古い角質が溜まって角質が固くなり、余計に乾燥が悪化してしまうことがあります。
そこでおすすめなのが、どろあわわを使ってメラニンや古い角質を定期的に取り除くケアです。
どろあわわを使って古い角質を落とすとターンオーバーが整うため、乾燥肌を改善する効果も期待することができます。
乾燥が気になる人は、どろあわわのスペシャルケアで乾燥肌の改善を目指しましょう!

3-2.乾燥肌のためのどろあわわの使い方

乾燥を感じることなくどろあわわを使うためのポイントは、次の3つです。
①洗顔時間を30秒以内にする
②30℃?34℃のぬるま湯を使う
③泡パックでのケアもおすすめ
洗顔に時間をかけ過ぎると乾燥の原因になります。
特に乾燥肌の自覚がある人は、どろあわわを顔につけてから30秒以内に洗い流すようにしましょう。
また、すすぎに使うお湯の温度が高すぎると、皮脂を一緒に流してしまうため、30度~34度のぬるま湯を使うことも重要です。
もう一つ、乾燥肌の人が気を付けなければないのが、洗顔時の摩擦です。
肌を指で擦ってしまうと、肌表面に細かい傷ができてしまい、その傷の間から水分が蒸発して、乾燥を悪化させてしまうことがあります。
洗顔時の摩擦による影響が心配な乾燥肌の人は、摩擦の心配がない泡パックのケアもおすすめです。
どろあわわの濃密泡パックの効果的な使い方については、こちらのページに詳しくまとめてあります。
気になる人はぜひチェックしてみてくださいね。

4.どの使用頻度でも大丈夫!どろあわわの使用期限は開封後3ヶ月

どろあわわの使用期限は、開封後約3ヶ月が目安です。
一般的な洗顔料に比べて使用期限が短いのは、どろあわわには防腐剤などの添加物が必要最低限しか含まれていないからです。
また、今回すべての肌質の人におすすめの使用頻度を調査した結果、どの肌質の使用頻度でも、3ヶ月以内に使い切ることができるということもわかりました。
体調や肌質に合わせて使っても、腐ってしまう心配がないのはうれしいですね。

5.まとめ

どろあわわは、体調や肌の状態を見ながら使用頻度を調整して使うのが最も効果的です。
また、どろあわわの効果を高めるためには、正しい使い方を知ることも重要です。
効果的な洗顔法はこちらのページにまとめてあるので、ぜひ参考にしてください。

まずは1ヶ月間試して、自分の肌に合った使い方を見つけてくださいね!