「どろあわわを使いたいけれど、肌荒れが悪化しないか心配・・・」という人も多いようです。

そこで今回は、

  • 肌荒れなどの肌トラブルがあってもどろあわわを使える人・使えない人
  • どろあわわを使って肌荒れなどの肌トラブルを改善できた3人の口コミ
  • 肌トラブルがある時におすすめのどろあわわの使い方

などについて、詳しくご紹介していきます。

1.肌荒れなどの肌トラブルがあってもどろあわわを使える人・使えない人


どろあわわで肌荒れなどの肌トラブルを改善できる人もいれば、肌荒れの症状によってはおすすめできない人もいます。

1-1.どろあわわが使えるのは「ニキビ・毛穴のつまり・乾燥」などの肌トラブルに悩む人


どろあわわで改善しやすい肌トラブルは、ニキビや毛穴のつまり、乾燥などの症状です。

どろあわわには、超微粒子の泥の成分「ベントナイト」と「マリンシルト」が配合されています。
これらの泥の成分は、マイナスの電気を帯びていて、プラスの電気を帯びている汚れを吸着する力を持っています。

そして、この超微粒子の泥が無理なく毛穴の奥まで入り込んで、肌を傷つけることなく汚れだけを落とすことができるため、普通の洗顔では効果がでにくかったニキビや毛穴のつまりなどの肌トラブルを解消することができるのです。
また、どろあわわには汚れだけでなく古い角質を落とす効果があります。

これらの効果によって、角質が溜まって乾燥しがちになっているお肌から角質を除去し、ターンオーバーを整えて、乾燥肌を改善へと導いてくれるのです。

最安値の公式サイトへ >

1-1-1.どろあわわに含まれる合成界面活性剤

どろあわわには合成界面活性剤が数種類含まれています。

  • ステアリン酸PFG-150
  • コカミドプロピルベタイン
  • ココイルメチルタウリンNa
  • ステアリン酸グリコール

含まれている合成界面活性剤は植物由来の天然系界面活性剤のため、毒性は低くどれも肌に悪影響を及ぼすほどは含まれていないので安心して使えます。

これらの界面活性剤は洗浄力を上げる効果や泡立ち、他の成分を混ぜ合わせる乳化剤の役目を果たします。

人によっては少量でも肌に合わなかったり、肌が赤くはれ上がったりすることがあるので、肌が弱い人はまずはパッチテストを行ってから使用することをおすすめします。

1-2.どろあわわが使えないのは肌荒れで病院に通っている人


どろあわわは、弾力がある濃密泡が作れるので、洗顔時の摩擦を抑えることができるという意味でも、肌への刺激を避けたい肌トラブル中の人にもおすすめの洗顔石鹸です。

どろあわわで作った泡をこすらずに顔全体に塗り、泡パック洗顔としてしようすることで肌への刺激や摩擦を抑えることができます。

ただ、肌荒れの中には、傷や湿疹ができているなど、人によっては洗顔を控えた方が良いと思われる肌もあります。
しっかり泡立てて洗顔をしても刺激を感じるという人は、いったん肌の炎症が治まるのを待ちましょう。

また、肌荒れで病院に通っている人は、かかりつけの医師に相談してから使うと安心です。

2.どろあわわを使って肌荒れなどの肌トラブルを改善できた3人の口コミ


次は、実際にどろあわわを使って、肌荒れなどの肌トラブルを解消した人の口コミを、症状別にご紹介します。

2-1.どろあわわで毛穴のつまりが解消した人の口コミ

スクラブ洗顔でも取れなかった毛穴のつまりが解消した人の実際の口コミは、次のようになっています。

毛穴

小鼻の毛穴のつまりが気になって、スクラブ洗顔や毛穴パックを使っていたのですが、余計に毛穴が目立って困っていました。

友人の勧められてどろあわわを使ってみたところ、3日ぐらいで毛穴から角栓が浮き出てきて、1週間ぐらいで角栓が取れていきました。

1ヶ月ぐらい使い続けたところ、毛穴自体が小さくなって毛穴が気にならなくなりました。
スクラブ洗顔でも取れない汚れを落ちたのには驚きました。

粒が大きいスクラブは、毛穴の表面の汚れを削ることはできるのですが、毛穴の奥につまった汚れを掻き出すことはできません。
どろあわわの泥は、汚れを削るのではなく、吸着する作用によって汚れを落とすため、肌にダメージを与えることなく毛穴が気にならない美肌になることができるのです。

2-2.どろあわわでニキビが改善した人の口コミ

何を使っても治らなかったニキビの肌トラブルをどろあわわで解消した人の実際の口コミは、次のようになっています。

ニキビ

繰り返しできるにきびで悩んでいました。
いろいろなスクラブ洗顔や洗顔用品を試していたのですが、なかなか効果を実感することができずにいた時にどろあわわのことを知りました。

にきびは皮脂の過剰な分泌だけでなく、ホルモンバランスの乱れによっても起こるというのも知って、ホルモンバランスを整える作用がある豆乳発酵液が配合されているどろあわわなら効果が期待できるかもしれないと思い、試したくなり購入しました。

実際に使ってみると泡立ちが良く、洗った後にも肌がしっとりと潤いを保っているので、毎日気持ちよく使用することができました。
2週間ほど使ったくらいからにきびができにくくなってきました。

口コミからもわかるように、豆乳発酵液には、ホルモンバランスを整える効果や保湿効果、ヒアルロン酸生成促進作用などが効果もあります。
乾燥が原因で起こることが多い大人ニキビには、どろあわわの乾燥しない洗顔が最適なのです。

2-3.どろあわわで乾燥が改善した人の口コミ

美容液やクリームを塗っても塗っても乾燥していた乾燥肌をどろあわわで解消した人の実際の口コミは、次のようになっています。

乾燥肌

30歳を過ぎた頃から美容液やクリームを塗っても塗っても乾燥する乾燥肌に悩んでいました。
乾燥が気になるためにできるだけ落ちにくいものを選んでいると、乾燥だけでなくくすみまで気になってきました。

そんな時、同じような症状に少し前まで悩んでいたという姉が、どろあわわを教えてくれたので、使ってみることにしました。
1回目の洗顔で、くすみが抜けて驚き、1ヶ月目には乾燥もなくなって、今では私の乾燥肌対策として欠かせないスキンケアアイテムの一つです。

年齢とともに乾燥を感じるという人に多いのが、ターンオーバーの乱れで古い角質が溜まって起こる「角質肥厚」という現象です。
どろあわわには、毛穴の汚れを落とすだけでなく古い角質を落とす効果があるため、「角質肥厚」が原因の乾燥肌にも効果的なのです。

3.肌トラブルがある時におすすめのどろあわわの使い方


次に、「洗顔で肌トラブルが悪化しないか心配・・・」という人におすすめのどろあわわの使い方をご紹介します。

3-1.肌トラブル中は摩擦の心配がない泡パックがおすすめ


肌トラブル中の洗顔は、とにかく「擦らない・刺激をしない」洗顔が大切です。
どろあわわは、しっかり泡立てると弾力のある濃密泡が完成するので、肌に手を触れることなく泡で洗顔をすることができます。

それでも摩擦が心配だという肌トラブル中の人には、「泡パック洗顔」がおすすめです。
どろあわわの泥には汚れを吸着する作用があるため、擦らなくても落とすことができます。

泡パックは、通常通りどろあわわを泡立てて、泡を顔の上に1分程度置いておくだけのケアなので、擦ったり肌を刺激するなどの心配が一切ないのがメリットです。
少しでも摩擦を避けたい肌トラブル中の洗顔には、最もおすすめの方法です。

濃密泡パックについては、こちらのページに詳しくまとめてあります。気になる人は、ぜひチェックしてみてくださいね。
>>どろあわわの効果のある使い方と洗顔方法。濃密泡でパックも

3-2.使用頻度を減らしてスペシャルケアとして使うのも正解!

洗顔時に肌を擦ってしまうとバリア機能が破壊され、肌内部の潤い成分が溶けだしてしまうのですが、「泡パック」は擦らない洗顔法なので、こうした心配がありません。
ところが、肌トラブル中のお肌の場合、肌にやさしい洗顔でも乾燥を感じてしまう可能性もあります。

そんな時は、週に2~3回の角質ケアとして活用するのもおすすめです。
古い角質を残しておくと、肌荒れを悪化させる原因にもなるので、角質ケアは周期的に行うようにしていきましょう。

4.肌に合うかを試すなら初回半額定期コースがおすすめ!


どろあわわは、肌に刺激になりにくい洗顔石鹸ですが、肌に合うかどうかは試してみないとわかりませんよね。
そこでおすすめなのが、半額でどろあわわを1ヶ月間お試しできる「初回半額定期コース」です。

どろあわわの初回半額定期コースは、回数しばりがない定期コースなので、1個だけ試してみたいという人でも安心して試すことができます。
まずは、半額の1,490円送料無料で、肌に合うかどうかをチェックしてみてくださいね!

5.まとめ

どろあわわは、濃密泡で肌を擦らず洗顔することができるため、肌トラブルが心配な人にもおすすめできる洗顔石鹸です。

まずは、初回半額送料無料でお試しできる「初回半額定期コース」でどろあわわの肌へのやさしさを試してみてくださいね。