画像1

エンジン班

ロケットを動かすためのエンジンを取り扱っています。
私たちは「エンジンを正確に点火して ロケットを安全に飛ばすこと」 をモットーに明るく元気に活動しています。
現在、自作エンジンの開発のための勉強やGSE(ロケット打ち上げの地上支援設備)の改良が主な活動です。
――エンジン班の朝は早い。



機体班

ロケットの機体を設計、製作します。
デザインを担当しているのも私たちです。



分離班

打ち上げられたロケットを安全に回収するためには、パラシュートの展開が必要です。
パラシュートを展開させる機構を製作・運用するのが、分離班のミッションです。
STEPの打上げ時の分離機構は、10回以上連続で作動成功しています。
他大学のCanSatをSTEPのロケットに搭載し、放出するミッションも行われて作動成功を収めています。



電装班

電装班はロケットに搭載する回路や小型模擬衛星(缶サット)に搭載する回路の設計・製作・運用を行う班です。 他にも,エンジンの推力を測定する回路を作ったり,無線でデータを送ったりするなど,多種多様な仕事内容です。
プログラミングなども勉強して,頑張っています。



衛星班

衛星班はロケットに搭載する模擬衛星こと、CanSatの設計・製作・運用を行う班です。
アットホームで明るく、女性の多い職場です!若いスタッフが多く、さまざまな経歴をもつメンバーばかり!未経験者歓迎!即戦力になれます!



広報班